fluct、Googleの「AdMob MCM」によるAdMobメディエーションを活用した収益化支援を開始

~アプリデベロッパーの収益最大化を強化~

2020年1月28日
株式会社fluct 代表取締役 望月 貴晃


株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、広告配信プラットフォーム事業を展開する株式会社fluct(本社:東京都渋谷区、代表取締役:望月 貴晃)は、アプリデベロッパーの収益最大化を強化するため、「AdMob MCM」(Multiple Customer Management)を取得しました。これによりfluctは、MCM管理者としてアプリデベロッパーのAdMobアカウントを代理管理し、AdMobメディエーションを活用した収益化を支援することができるようになりました。

株式会社fluctは、2008年からメディアの収益化に取り組み、「サイト運営社向けGoogle認定パートナー(GoogleCertified Publishing Partner:通称 GCPP)」として、Googleが提供するプロダクトを最大限に生かすコンサルティングを行っています。

株式会社fluct https://corp.fluct.jp
代表取締役 望月 貴晃
本社所在地 東京都渋谷区道玄坂1-21-1 渋谷ソラスタ15F
支社所在地 沖縄県那覇市久茂地2-2-2 タイムスビル
設立 2008年6月2日
資本金 5,000万円(準備金含む)(株式会社VOYAGE GROUP 100%)
事業内容 SSPの企画、開発、運営

【報道関係者お問い合せ】
株式会社VOYAGE GROUP 広報室 広報担当
お問い合わせフォーム:https://contact.voyagegroup.com/pr/

【その他お問い合せ】
株式会社fluct
お問い合わせフォーム:https://corp.fluct.jp/contact/