モバイルアプリ向け
DoubleClick Ad Exchange

Google認定パートナーfluctによるアプリマネタイズサポート

株式会社fluctは、「サイト運営社向けGoogle認定パートナー(Google Certified Publishing Partner:通称 GCPP)」として、
Googleが提供する広告配信サービスのエキスパートに公式に認定されています。
モバイルアプリ向けDoubleClick Ad Exchangeの導入から運用までをfluctのプロダクト専門コンサルティングチームがサポートし、
高度な運用により更なるアプリマネタイズを実現します。

モバイルアプリ向けDoubleClick Ad Exchangeとは

モバイルアプリ向けDoubleClick Ad Exchangeとは、モバイルアプリを収益化するのに最適なツールです。
世界中の膨大な需要をベースに、大規模かつ広範囲に広告を配信できます。

最大限の広告収益を得るための高機能プラットフォーム

Ad Exchangeの広告収益プラットフォームを利用することにより、複数のネットワークの管理が可能になり、すべてのインプレッションで最大の収益を上げることが可能です。またプライベートオークションや優先取引などの機能により、CPMを固定しての広告配信、もしくは事前承認されたDSPからの広告を優先的に配信することができます。つまり、現状より高いCPMでの販売を可能にし、収益の拡大を見込むことができるのです。

豊富なフォーマットで様々なアプリ様式に対応

Ad Exchangeのモバイルアプリ内広告は、バナー、インタースティシャル、ネイティブ広告など、さまざまなクリエイティブフォーマットをサポートしています。

  • バナー

    20×50、320×100、300×250などIAB標準モバイルサイズ

  • インタースティシャル動画対応

    ユーザー操作の合間に表示される広告300×250、もしくは全画面サイズ

  • ネイティブ
    コンテンツ広告

    テキストと画像を組み合わせたコンテンツに馴染むデザインの広告

  • ネイティブ
    インストール広告

    モバイルアプリのインストールを促す広告

fluctのサポートが選ばれる理由

モバイルアプリ向けDoubleClick Ad Exchangeは長期的なレポーティングと細かな配信調整を行うことで
その真価を発揮するプロダクトです。fluctでは、アプリ特性に合わせた効果的な広告運用を行います。

専任チームによる繊細なチューニング

fluctではDoubleClick for Publishers(DFP)というGoogleの提供しているアドサーバーとAd Exchangeを組み合わせた広告枠運用を推奨しています。DFPのダイナミックアロケーションという機能を使い、DFPで予約した広告申込情報(空き枠または保証型の広告申込情報)とAd Exchangeをリアルタイムで競合させることができます。ダイナミックアロケーションについては専門的な運用を要しますが、fluctは専任チームが日々最適なフロアプライスを設定することで、広告枠の収益最大化をサポートしています。

DoubleClick Ad Exchange Report管理画面

運用実績

株式会社fluctのアプリ専門コンサルタントによる運用実績をご紹介します。ダイナミックアロケーションを活用し運用した結果、収益改善が見られました。

ツール系アプリ

ゲーム系アプリ

※上記は一例になります。必ずしも収益の増加を保障するものではありません。

導入フロー

導入までの流れ

  • 1.株式会社fluctとGoogleによる
    お申し込み内容の審査

    利用規約をお読みいただき、必要情報をご記入の上、申込みください

  • 2.Media IDの発行

    審査後にSDKに組み込むMedia IDを発行し、納品致します

  • 3.SDKの実装

    SDKの実装をしていただければ準備完了です

お問い合わせ

DoubleClick Ad Exchangeの
導入に関するお問い合わせ

導入に関するお問い合わせ

その他のお問い合わせ

お問い合わせ